歴史について

| 未分類 |

ゼロワンはあまり長い歴史はありませんが、それでも良い歴史を刻みました。

 
ゼロワンは1994年に光岡自動車の生産者第2号車として発表された自動車です。エンジンは、1.6LのB6ーZE型を搭載しており、多くの人から注目されるようになりました。そして、その後1996年にB6ーZE型からBPーZE型へ変更し、排気量が1.6Lから1.8Lに変更されたのです。そして、1月が過ぎてクラシックタイプFが販売されることになりました。このクラシックタイプFタイプが、その後の1997年にグッドデザイン賞を受賞したデザインがとても良いゼロワンでしょう。そして、結構有名になったゼロワンですが、運輸省の側面衝突試験に適合しなかったため、生産終了となりました。この間6年とちょっとの月日で2種類のゼロワンが販売されたのですが、総生産量約350台と少ない数しか販売されてなかったことをメーカーで発表しました。

 
このようにゼロワンの歴史がかなり昔からあります。実際にこの歴史のために、多くのファンを獲得してきており、その名称もかなり強烈なものがあるので、これからも、多くのファンが魅了されることは間違いないでしょう。ぜひ実際に車体に触れてみて、新しい車として身近に感じてみるのも贅沢なのではないでしょうか。これまでに無いような、感動的な走りを実際に感じることができるかもしれません。